Dr.コラム

2018.04.01

【消化器内科】逆流性食道炎について

  • ●胸やけ
  • ●げっぷが上がる
  • ●みぞおちの違和感や痛み
  • ●胸の違和感
  • ●喉の違和感
  • ●飲み込みにくさ

こんな症状はありませんか?

通常われわれの身体では、食べ物を胃にまで導く食道と胃との接合部(噴門部)は、安静にしている時にはある一定の力で閉じており、胃酸や胃の内容物が食道側に逆流するのを防いでいます。しかし加齢や肥満、食生活、姿勢、喫煙等のいろいろな原因で噴門部のしまりが悪くなってしまうと、胃酸の食道側への逆流により食道が炎症を起こした状態になってしまう「逆流性食道炎」、また炎症自体がみられなくても胃酸の逆流による自覚症状があらわれる「胃食道逆流症」といった病態が起こってくることがあります。

通常は、逆流してきた胃酸や胃の内容物を胃側へ押し戻そうとする蠕動(ぜんどう)運動という働きがありますが、その働きが低下することも逆流性食道炎が起こる原因の一つといわれています。逆流性食道炎の診断は、主に問診と内視鏡検査によって行なわれます。逆流性食道炎の症状は、胸やけの他にも胸痛や喉のつかえ感、慢性的な咳といった、消化器系の症状とは考えられない症状であることもあります。

内視鏡検査は、実際に食道に炎症があるのか、またどの程度の炎症があるのかを確認することの他に、食道がんや胃がん等の悪性疾患でないことを確認する目的で行ないます。

逆流性食道炎の治療の基本は生活習慣の改善と薬物治療です。脂肪分やタンパク質の摂りすぎのほか、甘いもの、香辛料、酸味の強い果物なども胸焼け症状を悪化させる可能性がありますので摂りすぎには注意が必要です。また一度に摂る食事量についても腹八分目の適量を心がける必要があります。コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは胃酸の分泌を増やすといわれ、またアルコールは胃酸の分泌を増やすだけでなく、噴門部の筋肉をゆるめる作用があり、摂りすぎは症状の悪化につながりやすいでしょう。

以上の様な食生活の改善とともに、適度な運動による肥満の解消が望ましいとされています。生活習慣の改善だけでは症状を完全になくすのは難しいため、多くの患者さんは生活習慣の改善とあわせて薬物治療を行います。

薬物治療を始めると多くの方では速やかに症状は軽減しますが、症状がなくなっても食道の炎症はすぐに治るわけではありませんので、しばらくは薬を飲み続ける必要があります。また現在使われている薬では、胃から食道への逆流を根本から治すことはできないため治癒した後に服薬をやめると再発する方が少なくありません。

そうした方には薬を長い間飲み続ける維持療法も行われます。食道の炎症の程度が軽く、胸やけなどの症状も時々しか起こらないような方には、症状がある時だけ服薬する治療が行われることもあります。

上記の様な症状にお心当たりがある場合は逆流性食道炎かも知れません。
適切な診断、治療により不快な症状を改善するため、一度消化器内科でご相談下さい。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る