バリウムで異常があった方へ

バリウム検査で異常があった方へ

バリウム検査で異常を指摘されても、慌てる必要はありません。「要精密検査」の場合には、「異常発見の良い機会」と考えて、食道、胃、十二指腸についてより確実、かつ豊富な情報が得られる胃カメラ検査での精密検査を受けて下さい。

検診のバリウム検査で済ませていませんか?

「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」が難しい理由

会社の健診や市民健診で行われている胃バリウム検査では、基本的に胃や食道の粘膜を、影絵的に観察しており、早期の胃がん・食道がんの発見に十分な効果があるとは言えません。
早期の胃がん・食道がんを見つけるためには、粘膜の微細な変化を見分ける必要があります。そのため、影絵的な観察となるバリウム検査では、早期の胃がん・食道がんの発見は困難なのです。特に食道は、バリウムがすぐに通り過ぎてしまうため、早期がんを含む異常を見つけにくい部位となります。
よって、胃バリウム検査で見つかる胃がんや食道がんは、進行しているものが多く、高い確率で手術や抗がん剤治療が必要になります。胃カメラ検査時、内視鏡での切除が可能ながんは早期の小さなものに限られますので、「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」という過程を辿ることはほとんどありません。京都の京都市上京区にある金光診療所では胃カメラ検査を推奨しています。

バリウム検査より胃カメラが良い理由は?

バリウム検査には検査としての機能・役割があり、費用面では胃カメラ検査と比べた場合に安価と言えます。
ただ、もう一つのメリットと言われていた「少ない苦痛」も細径の胃カメラや経鼻内視鏡の開発により、すでにメリットとは言いづらくなっています。
胃カメラ検査がバリウム検査より優れる点は、多数あります。

胃カメラは早期がんの発見に有効

早期の胃がん、食道がんは、バリウム検査での発見が困難ですが、胃カメラ検査は微細な色の変化を見分けられるため、早期の発見が可能です。

胃カメラ検査と処置が一度にできる

胃カメラ検査では、ポリープなどを見つけたとき、その場で内視鏡の先端から組織採取することができます。

「バリウム検査→胃カメラ検査」という手間を省略できる

バリウム検査で異常が見つかり、胃カメラ検査を受けることになると、当然それだけ身体的・経済的負担が増えます。
また、潰瘍の治療痕、ポリープや腫瘍の治療痕は残りやすく、すでに治っていても、バリウム検査で「要精密検査」と告げられることは珍しくありません。精密検査として受けた胃カメラ検査では、「治療痕でした」と分かりますが、この【バリウム検査で「要精密検査」→胃カメラ検査で「治療痕だと分かる」】というサイクルを毎年のように繰り返していては、余計にバリウム検査の意味が失われていきます。
確実な診断と患者様のご負担を総合的に考えた場合、初めから胃カメラ検査を受けられた方が一度の検査で楽にすみます。
京都・京都市にて胃カメラ検査をお探しの方は、是非当院までお越しください。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る