大腸の病気

大腸の病気について

大腸ポリープ

自覚症状が現れることは稀ですが、大きなものになると出血を起こしやすく、便に血が混じることがあります。
ほとんどの大腸ポリープは良性ですが、中にはがん化するものもありますので、5ミリを超えるものは内視鏡による切除をお勧めします。

大腸がん

女性のがん死亡数で第一位、男女合わせたがん死亡数で第二位という、私たちにとって身近ながんです。
大腸ポリープと同様、大きくなると出血しやすくなり、腹痛、下痢、便秘などを伴います。
小さなものであれば内視鏡での切除が可能ですので、早期発見のためにも定期的に大腸カメラ検査を受けましょう。

急性腸炎

ウイルスや細菌を原因とし、下痢、腹痛、血便、嘔吐などの症状を伴います。食中毒も急性腸炎に分類されます。
基本的には、薬の服用により症状の緩和を待ちます。水分が十分に摂取できない場合には、脱水症状のリスクがありますので、点滴治療を行います。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)

国の難病に指定された、原因不明の難病です。下痢、血便、腹痛が長期間続きます。
薬での症状の緩和は可能ですが、継続的な治療が欠かせません。正確な診断には大腸カメラ検査が欠かせません。

過敏性腸症候群(IBS)

腹痛、便秘・下痢などの症状が長期間、場合によっては生活に支障をきたす強さで現れます。
腸の働きを整える薬で症状の改善が期待できますが、ストレスが原因であるケースも少なくなく、身体と心の両面からのケアが必要です。

大腸憩室症

大腸の壁が、内側から外側に向けて部分的に飛び出している状態を、まるで部屋のように見えることから大腸憩室症と呼びます。
無症状のケースもあれば、便秘や腹痛を伴うケースもあります。また、稀ではありますが憩室内で炎症が起きたり(憩室炎)、憩室内の血管が傷ついて出血に至ること(憩室出血)もあります。
大腸憩室症は、若い方にも見られ、加齢とともにそのリスクは上昇します。欧米化した食事、大腸の筋肉の衰えが原因ではないかと言われています。

虚血性大腸炎

大腸への血液の流れの悪化により、酸素や栄養分が不足し、炎症や潰瘍が生じる病気です。突然の腹痛、下血、下痢が代表的な症状です。
大腸へ血液を送る血管の動脈硬化、便秘による腸管内圧の上昇が原因と言われ、高齢者や便秘気味の女性に起こりやすい傾向があります。
絶食、輸液投与により治療を進めますが、場合によっては手術が必要となることもあります。

便秘

便秘偏った食事、運動不足、ストレスなどによって起こる便秘はその原因を取り除けば解消されますが、便秘の中には機能的な病気や器質的な病気によって起こるものもあります。
問診、触診、さらには大腸カメラ検査で原因を特定し、それぞれの病気に合った治療を行う必要があります。
また、便秘を解消し宿便を減らすことは、身体全体への良い影響となることには違いありませんので、体質だと諦めずにぜひ一度ご相談ください。

このような症状はございませんか?

  • 腹痛
  • 突然の激しい腹痛
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 下血(黒っぽいもの)

上記の症状がある方は、一度当院にご相談ください。

大腸ポリープ切除が可能

大腸ポリープ切除が可能京都市上京区の金光診療所では、大腸カメラ検査で発見されたポリープを内視鏡を使って切除する「大腸ポリープ切除」を、時間的、経済的負担の少ない日帰りでの手術にて行っております。
大腸カメラ検査と同様、肛門からスコープを挿入した後、スコープの先端から器具を出して安全に切除します。
大腸ポリープは、直径が5ミリを超えた時点で5%強、20ミリを超えた時点で50%以上の確率でがん化が見られ、また自覚症状がほとんどありません。
大腸がんの予防という意味でも、定期的に大腸カメラ検査を受け、発見したポリープはできるだけ切除しておくことをお勧めします。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る