大腸カメラ・大腸内視鏡検査

京都の京都市上京区にある金光診療所では、大腸カメラ・大腸内視鏡検査を行っています。
大腸カメラ・大腸内視鏡検査では、肛門から内視鏡を挿入し、直腸、大腸全体を観察します。大腸ポリープ、大腸炎、大腸がんなどの早期発見に有効です。

当院の大腸カメラ・大腸内視鏡検査の特徴

苦痛を最小限に抑える丁寧な検査

カメラが大腸のカーブを通るときに腹部に張りを感じることはありますが、準備を万端に、丁寧な手技で挿入を進めることにより、大腸カメラ・大腸内視鏡検査に伴う苦痛を最小限に抑えます。

痛くない大腸カメラ・大腸内視鏡検査をお探しの方は、京都の京都市上京区当院へお越しください。

鎮静剤(麻酔)で苦痛のない、楽な大腸カメラ

以前に大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けて苦痛だった方、大腸カメラ・大腸内視鏡検査に強い不安のある方には、鎮静剤(麻酔)を使用することも可能です。鎮静剤(麻酔)を使用することにより、苦痛のない大腸カメラ・大腸内視鏡検査を実現出来ます。

初期がんを早期に発見するシステム「狭帯域光観察(NBI)」

がんが増殖する際、血管からの栄養補給が必要です。そのため、周辺の粘膜には多くの血管が集まり、またその集まり方にはパターンがあります。このパターンを鮮明に映し出すシステムを「狭帯域光観察(Narrow Band Imaging=NBI)」と呼びます。
これまでの観察法では見つからなかった初期がんの早期発見に役立ちます。京都の京都市上京区にある金光診療所では、狭帯域光観察(NBI)による内視鏡診療を行っております。
胃カメラ検査・大腸内視鏡検査も、最新の設備で検査をしています。

予約制だから、事前の説明がしっかりと

予約制だから、事前の説明がしっかりと京都の京都市上京区にある金光診療所では、大腸カメラ・大腸内視鏡検査を予約制としております。(月~金曜日の午前中)
予約制とすることで、事前の説明、そして患者様からのご質問の時間をしっかりと確保していますので、安心して大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けていただけます。
安心して大腸カメラ・大腸内視鏡検査に臨まれるためにも、どんなことでもお気軽にご質問ください。
なお、大腸カメラ・大腸内視鏡検査の内容の説明や大腸カメラ・大腸内視鏡検査の準備のためのは薬をお渡しする必要があるため、事前(大腸カメラ・大腸内視鏡検査の2日前まで)に一度受診してください。

大腸ポリープ切除(日帰り手術)に対応

大腸ポリープ切除(日帰り手術)に対応京都の京都市上京区にある金光診療所では、日帰りで行う大腸ポリープ切除に対応しております。大腸がんの原因となる大腸ポリープを切除しておくことで、大腸がんのリスクをさげることができます。定期的に大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けていただき、小さなポリープの段階でその都度切除しておくことで、大腸がんの予防になります。
ただし、大腸ポリープの大きさ、生検(組織の良悪性を診断する検査)結果によっては内視鏡での切除ができないこともあります。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)は平日(月曜日~金曜日)に行う予約制の検査です。大腸カメラ・大腸内視鏡検査の方法、前日からの準備についての詳しい説明、またお薬をお渡しする必要がありますので、事前に一度受診して下さい。

鎮静剤(麻酔)で苦痛が少ない大腸カメラ・大腸内視鏡検査

以前に大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けて痛みや違和感を強く感じた方、また大腸カメラ・大腸内視鏡検査に支障をきたすような強い不安がある方には、鎮静剤(麻酔)を使用することも可能です。

大腸カメラ・大腸内視鏡検査で分かる病気

大腸カメラ・大腸内視鏡検査の所要時間・流れ

所要時間

10~15分程度

流れ

検査前日

三食とも、低残渣食(お腹に残りやすい繊維質のものを避けた食事)、あるいは検査準備用の検査食を摂って頂く必要があります。眠る前に下剤を服用していただきます。

検査当日の朝

朝から洗腸剤(腸の内容物を洗い流すための界面活性剤の一種)を飲んでいただきます。洗腸剤は通常ご自宅で飲用していただきます。当院看護師により電話で便の状態をお聞きします。
排便内容が液体のみとなり、検査可能な状態になったら来院して頂きます。

ご来院

ご来院指定の時間にお越しください。

大腸カメラ検査

大腸カメラ検査カメラを挿入し、大腸カメラ・大腸内視鏡検査します。(10分~15分)

検査終了

検査終了大腸カメラ・大腸内視鏡検査の結果をご説明させて頂きます。

大腸カメラ・大腸内視鏡検査の費用・料金

下部消化管内視鏡検査
(大腸全体を観察した場合、検査のみ)
3割負担の方 4,650円
1割負担の方 1,550円
生検(細胞の検査)を1か所行った場合の追加費用
※手技料、判断料を含む
3割負担の方 3,960円
1割負担の方 1,320円
生検(細胞の検査)を2か所行った場合の追加費用
(※手技料、判断料を含む)
3割負担の方 6,540円
1割負担の方 2,180円

※診察料、薬剤料は含まれていません。
お腹の痛みや血便、便秘、下痢などご不安なことがございましたら、
是非お近くの大腸カメラ・大腸内視鏡検査をしているクリニックへご相談ください。

便検査で要精密検査と言われたら?

便検査に引っかかってしまった方へ健康診断や大腸がん検診で行われる便潜血(または便ヘモグロビン)検査は大腸がんの拾い上げ、早期発見のために行われる検査で、大腸がんなど出血しやすい病変から出ている血液が便に混じっていないかどうかを調べる検査です。便を目で見ても血が混じっていることが分からないこともあるため、「便潜血」と言います。便潜血反応が陽性であった場合には、大腸がんなど出血性病変の有無を調べるために大腸カメラ・大腸内視鏡検査・が必要です。
ただし、大腸がんだけではなく、痔からの出血や、大きなポリープからわずかな出血があった場合でも陽性を示すことがあります。

ご不安な方は、京都の京都市上京区にある金光診療所までお越しください。

検診の検便(便潜血検査)で済ませていませんか?

便潜血検査で大腸がんを早期に見つけることが難しい理由

便潜血検査は安価で簡便ということで広く普及していますが、あくまで便潜血に反応するものですので、大腸ポリープや初期の大腸がんを確実に見つけることはできません。 特に、小腸から大腸に進んですぐの、腹の右側にあたる盲腸部・上行結腸・横行結腸を通過するときの便には多くの水分が含まれているため、ポリープやがんの出血が付着しにくく、便潜血反応を示すことは稀です。 がんの中でも症状を伴いにくく、初期には痛みや違和感さえないケースもあります。逆に言うと、痛みや便潜血から発見したときには、かなり進行している可能性が高いということです。

検便(便潜血検査)より大腸カメラが良い理由は?

検便(便潜血検査)より大腸カメラが良い理由は?便潜血検査は、あくまで便に潜む血液の有無の検査です。大腸ポリープや大腸がんが必ずしも出血を伴わない以上、少なくともポリープやがんの早期発見に対しての確実性という意味では不十分な検査です。
便潜血検査以外でも、バリウム検査、CT検査などが行われますが、いずれも異常が見つかった際には大腸カメラ・大腸内視鏡検査が必要になります。
特に日本は、内視鏡検査において世界でもトップと言える技術を持っています。大腸がんの予防・早期発見を目的として受けるのであれば、確実な安心が得られる大腸カメラ・大腸内視鏡検査を選ぶに越したことはありません。

大腸がんは、ポリープのうちに切除。そのためには定期的な大腸カメラ検査を

便潜血や便通異常、痛みなどの症状が現れた頃には、大腸がんはかなり進行しているものと思われます。大腸がんの多くは大腸ポリープから進展することを考えると、大腸がんの症状が現れる前、さらには大腸ポリープの段階で、内視鏡で切除しておくことが大切です。
定期的に大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受け、大腸ポリープを切除しておくことは、究極の大腸がん予防だと言われています。
定期的に大腸がん検査を受けていれば、万が一大腸がんが見つかっても、早期であることが多く、外科的な手術ではなく内視鏡による切除で済む可能性が高くなります。
大腸カメラ・大腸内視鏡検査による定期的な検査は、予防的な意味でも、早期治療という意味でも、非常に重要です。
京都の京都市上京区にある金光診療所では、大腸がんの予防に力をいれています。

内視鏡スコープの洗浄・消毒

内視鏡スコープの洗浄・消毒京都の京都市上京区にある金光診療所では、内視鏡検査で使用するスコープの洗浄・消毒を徹底しております。
日本環境感染学会、日本消化器内視鏡学会などが作成した『消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド』において強く推奨されている高水準消毒液(フタラール)と自動洗浄・消毒装置を使用して、内視鏡スコープの洗浄と消毒を行っていますので、安心して大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けて頂けます。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る