胃カメラ・胃内視鏡検査

京都の京都市上京区にある金光診療所では、胃カメラ検査を行っています。
胃カメラ検査では、食道、胃、十二指腸を、胃カメラを用いて観察します。
胃ポリープ、慢性胃炎、胃十二指腸潰瘍、食道がん、胃がんなどの有無の他、胃がんの原因とも言われるヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無も同時に調べることができます。
京都で胃カメラ検査をお探しの方は、金光診療所までお越しください。

当院の胃カメラの特徴

1胃カメラ検査は丁寧に確実に

胃カメラ検査は丁寧に確実に胃カメラ検査と聞くと、大体の方が、「胃カメラは苦しい、痛い」と思われるのではないでしょうか。
特に、嘔吐反射が起こることにより、胃カメラ検査を受けることで苦しかったと感じることは非常に多いと思います。
胃カメラ検査において、患者様が感じる苦痛の程度は、医師の「丁寧さ」によって大きく左右されます。
近年の検査機器の進化により苦痛は少なくなりつつありますが、だからといって「丁寧さ」をないがしろにしては本末転倒です。
京都の京都市上京区にある金光診療所では、胃カメラ検査の準備から胃カメラ検査中、胃カメラ検査後に至るまで、一つ一つの過程、工程を丁寧に確実に行うことにより、痛くない、無痛に近い胃カメラ検査を行います。

京都・京都市の金光診療所では、胃カメラ検査を受ける方に、最適な環境を提供出来るよう心掛けています。

2経口と経鼻による胃カメラ検査が選択できる

京都の京都市上京区にある金光診療所では、口から挿入する「経口内視鏡」による口からの胃カメラと、鼻の穴から挿入する「経鼻内視鏡」による鼻からの胃カメラを準備しております。
一般的に、経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)の方が苦痛は少ないと言われていますが、画像の鮮明さという点では経口内視鏡(口からの胃カメラ)に多少劣ります。
事前にそれぞれの胃カメラ検査に対するメリットとデメリットをご説明いたしますので、患者様に合った胃カメラ検査を選択して頂くことが可能です。
診察をもとに、患者様の状態や要望をお聞きしながら、京都・京都市の当院では、胃カメラ検査を行えます。

3鎮静剤(麻酔)で苦痛のない、楽な胃カメラ

嘔吐反射の強い方、胃カメラ検査に強い不安のある方には、鎮静剤(麻酔)を使用した状態で胃カメラ検査を受けていただくことができます。
半ば眠ったような状態となり、ほとんどの方が何の苦痛も感じることもなく、胃カメラ検査を終えられています。
ただし、鎮静剤を使用した胃カメラ検査を行うことにより、鎮静剤の効き目が切れるまで、休息をして頂く場合がありますので、時間に余裕を持って胃カメラ検査を受けてください。

以前、胃カメラを受けた際、痛かった、苦しい思いをされた方も、「楽な胃カメラ」と思って頂けるよう、
京都の京都市上京区にある当院では鎮静剤を使った出来る限り無痛に近い胃カメラ検査を行っています。

4初期がんを早期に発見する「狭帯域光観察(NBI)」

がんが増殖する際、血管からの栄養補給が必要です。
そのため、周辺の粘膜には多くの血管が集まり、またその集まり方にはパターンがあります。このパターンを鮮明に映し出すシステムを「狭帯域光観察(Narrow Band Imaging=NBI)」と呼びます。
これまでの観察法では見つからなかった初期のがんの早期発見に役立ちます。京都の京都市上京区にある金光診療所では、狭帯域光観察(NBI)を用いた胃カメラ検査を行っております。

5予約制だから、胃カメラ検査前の説明を十分に

京都の京都市上京区にある金光診療所では、胃カメラ検査を予約制としております。(月~土曜日の午前中)
予約制とすることで、事前の説明、そして患者様からのご質問の時間をしっかりと確保していますので、安心して胃カメラ検査を受けていただけます。

鎮静剤(麻酔)で苦痛が少ない胃カメラ検査

京都の京都市上京区にある金光診療所では、嘔吐反射の強い方、胃カメラ検査に強い不安のある方のため、鎮静剤(麻酔)を用いた出来る限り無痛に近い胃カメラ検査が受けられる体制を整えております。
半ば眠ったような状態となり、ほとんどの方が何の苦痛も感じることもなく胃カメラ検査を終えられています。

以前、胃カメラ検査を受けて、痛みを感じたり、苦しかった経験のある方は、鎮静剤(麻酔)を用いた出来る限り無痛に近い胃カメラ検査を受けていただけます。






胃カメラ検査の前日、当日の注意事項

胃カメラ検査前日・当日の食事について

胃カメラ検査前日の夕食は、21時までに軽く取ります。それ以降の固形物の摂食は控えてください。
水、お茶などの水分摂取は構いません。
胃カメラ検査当日の食事(牛乳、ジュース、コーヒーなども)は控えてください。水、お茶は構いません。
(降圧剤などの内服薬に関しては、事前に担当医に相談下さい)

※お薬として脳梗塞、心疾患予防のため、血液をさらさらにする薬(抗凝固薬など)をあらかじめ検査前休薬していただくことがあります。担当医の指示に従ってください。

胃カメラ検査当日の服装について

胃カメラ検査当日の服装は、身体を締め付けるものは避けてください。
(和服、腹巻、ボディスーツ、ガードルなど)




胃カメラで分かる病気

胃カメラ検査の所要時間・流れ

所要時間

5~10分程度

流れ

胃カメラ検査前日

夕食は9時までに済ませてください。それ以降は、胃カメラ検査まで固形物を口にしないようにしてください。
水分は、お茶、ジュース、コーヒーなどを含め、通常通り摂っていただいて構いません。アルコールも、適量であれば構いません。

胃カメラ検査当日の朝

胃カメラ検査当日は何も食べずにご来院ください。また、牛乳、ジュース、コーヒーなど、色のついた飲み物も摂らないでください。
水、お茶は胃カメラ検査の直前まで飲んでいただけます。
当日のタバコ(喫煙)は控えた方が、胃粘膜が荒れてしまう恐れが少なくなるため、胃カメラ検査での正しい結果が出やすくなります。

ご来院

ご予約の時間の15分前までにお越しください。

胃カメラ検査

カメラを挿入し、胃カメラ検査します。(5~10分)

胃カメラ検査終了

検査結果をご説明させて頂きます。(鎮静剤使用での胃カメラ検査を受けられた方は、1時間ほどお休みいただいた後に結果をご説明させていただきます。)
胃カメラ検査後1時間程度は、飲食をしないでください。

胃カメラの費用

上部消化管内視鏡検査(検査のみ) 3割負担の方 3,420円
1割負担の方 1,140円
ヘリコバクター・ピロリ菌感染について検査した場合の追加費用 3割負担の方 1,540円
1割負担の方 520円
生検(細胞の検査)を1ヶ所行った場合の追加費用(※手技料、判断料を含む) 3割負担の方 3,960円
1割負担の方 1,320円

※診察料、薬剤料は含まれていません。
ご不明点がございましたら、京都・京都市の金光診療所までお問い合わせください。

バリウム検査で異常があった方へ

バリウム検査で異常を指摘されても、慌てる必要はありません。「要精密検査」の場合には、「異常発見の良い機会」と考えて、食道、胃、十二指腸についてより確実、かつ豊富な情報が得られる胃カメラ検査での精密検査を受けて下さい。

検診のバリウム検査で済ませていませんか?

「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」が難しい理由

会社の健診や市民健診で行われている胃バリウム検査では、基本的に胃や食道の粘膜を、影絵的に観察しており、早期の胃がん・食道がんの発見に十分な効果があるとは言えません。
早期の胃がん・食道がんを見つけるためには、粘膜の微細な変化を見分ける必要があります。そのため、影絵的な観察となるバリウム検査では、早期の胃がん・食道がんの発見は困難なのです。特に食道は、バリウムがすぐに通り過ぎてしまうため、早期がんを含む異常を見つけにくい部位となります。
よって、胃バリウム検査で見つかる胃がんや食道がんは、進行しているものが多く、高い確率で手術や抗がん剤治療が必要になります。胃カメラ検査時、内視鏡での切除が可能ながんは早期の小さなものに限られますので、「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」という過程を辿ることはほとんどありません。京都の京都市上京区にある金光診療所では胃カメラ検査を推奨しています。

バリウム検査より胃カメラが良い理由は?

バリウム検査には検査としての機能・役割があり、費用面では胃カメラ検査と比べた場合に安価と言えます。
ただ、もう一つのメリットと言われていた「少ない苦痛」も細径の胃カメラや経鼻内視鏡の開発により、すでにメリットとは言いづらくなっています。
胃カメラ検査がバリウム検査より優れる点は、多数あります。

胃カメラは早期がんの発見に有効

早期の胃がん、食道がんは、バリウム検査での発見が困難ですが、胃カメラ検査は微細な色の変化を見分けられるため、早期の発見が可能です。

胃カメラ検査と処置が一度にできる

胃カメラ検査では、ポリープなどを見つけたとき、その場で内視鏡の先端から組織採取することができます。

「バリウム検査→胃カメラ検査」という手間を省略できる

バリウム検査で異常が見つかり、胃カメラ検査を受けることになると、当然それだけ身体的・経済的負担が増えます。
また、潰瘍の治療痕、ポリープや腫瘍の治療痕は残りやすく、すでに治っていても、バリウム検査で「要精密検査」と告げられることは珍しくありません。精密検査として受けた胃カメラ検査では、「治療痕でした」と分かりますが、この【バリウム検査で「要精密検査」→胃カメラ検査で「治療痕だと分かる」】というサイクルを毎年のように繰り返していては、余計にバリウム検査の意味が失われていきます。
確実な診断と患者様のご負担を総合的に考えた場合、初めから胃カメラ検査を受けられた方が一度の検査で楽にすみます。
京都・京都市にて胃カメラ検査をお探しの方は、是非当院までお越しください。

内視鏡スコープの洗浄・消毒

京都の京都市上京区にある金光診療所では、胃カメラ検査で使用するスコープの洗浄・消毒を徹底しております。
日本環境感染学会、日本消化器内視鏡学会などが作成した『消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド』において強く推奨されている高水準消毒液(フタラール)と自動洗浄・消毒装置を使用して、内視鏡スコープの洗浄と消毒を行っておりますので、安心して胃カメラ検査を受けて頂けます。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る