生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、生活習慣の不適切を原因として起こる病気のことです。
かつては成人病と呼ばれていました。
ここで言う「生活習慣の不適切」とは、食事バランスの偏り、睡眠不足・睡眠の質の悪さ、運動不足、喫煙、飲酒など、生活習慣全般です。
自覚できる症状が少ないため、生活習慣病にかかっているのに「体調の悪さを感じないから」と不適切な生活習慣を続けてしまう方が多くいらっしゃいます。生活習慣病は、動脈硬化を進行させます。狭心症や脳梗塞、心筋梗塞など、命にかかわる事態を招きかねません。
また糖尿病は、骨粗しょう症を進行させるリスクを持っており、骨折やその先の「寝たきり状態」につながるケースも見られます。

金光診療所の生活習慣病治療

丁寧な治療

生活習慣病の治療には「丁寧さ」が大切です。金光診療所の生活習慣病治療では、この「丁寧さ」に特に力を入れ、診断・治療開始後も、ただ薬を処方するだけでなく、定期的な検査を行うことにより、そのときどきの身体の状態に合わせた治療法をご提案しております。

ライフスタイルに合わせてアドバイス

原因が生活習慣にある以上、ご家庭での過ごし方も改善していかなければ根本的な解決になりません。ただし、いきなり完璧で規則正しいがんじがらめの生活を送るよう指導することはありません。「無理をしている」と感じては何ごとも続きませんので、患者様の現在のライフスタイルに合わせて、徐々に目標とする生活習慣が身につくようにアドバイスさせていただきます。

 

高血圧

血液は、心臓のポンプの力で、血管を通って全身に運ばれていきます。そのときに、血液の流れ(血流)が血管にかける力を「血圧」と言います。
心臓が収縮して血管に大きな力が加わっている瞬間の血圧を「収縮期血圧」(血圧検査で「上」と呼ばれる数値)、心臓が拡張して血管へかかる力が小さくなった瞬間の血圧を「拡張期血圧」(血圧検査で「下」と呼ばれる数値)と呼びますが、これらが一定の基準を超えたときに「高血圧」と診断されます。

高血圧のままでいると…

高血圧を放置していると、血管が狭くなり、弾力が失われます。これが「動脈硬化」です。ここに血の塊が詰まったとき、血液の流れが止まり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞が起こります。脳内の血管が破れて出血すると「脳出血」となります。
血管は全身、いたるところに存在します。また高血圧は、常に血管に負担をかけている状態です。脳や心臓といったところで血管が詰まったり破れたりすれば、命を脅かすことになります。
血圧が高めと診断された場合には、早めの治療開始をお勧めします。

高血圧の治療

治療導入前から治療中まで、ご自宅での血圧測定、記録を指導致します。高血圧に対しての薬物治療が必要かどうかの判断や、治療中であれば適切な治療ができているか否かの判断には、この家庭血圧の記録がもっとも有力な情報となります。その他、塩分や脂質を抑えた食事のアドバイス、適度な運動習慣についても指導を行います。治療内容が適切かどうか、その都度家庭血圧や状態を確認しながら調整していきます。

糖尿病

私たちが食事をしたとき、体内に取り込んだ糖質はブドウ糖に分解されて身体の各所へと運ばれます。と同時にすい臓からはインスリンと呼ばれるホルモンが分泌され、ブトウ糖の吸収が効率的に行われます。
このとき、何らかの原因によってインスリンの量が不足していたり、働きが不十分であると、ブドウ糖の吸収が進まず、血液中に留まります。このようにして血液中の糖の値が高い状態(高血糖)となり、高血糖の状態が続くと「糖尿病」と診断されます。

糖尿病の種類

1型糖尿病

幼いお子様に多く見られることから、小児糖尿病とも呼ばれています。
自己免疫機能の異常により、すい臓の細胞が傷つき、インスリンの分泌量が減少することで、ブトウ糖の吸収がうまくできなくなります。結果、高血糖状態が続き、糖尿病と診断されます。

2型糖尿病

日本におけるほとんどの糖尿病が、この2型糖尿病です。
偏った食事や運動不足などの生活習慣の乱れが主な原因です。

その他の糖尿病

遺伝子の異常、肝臓・すい臓にかかわる疾患、他の治療で使用した薬の副作用により糖尿病になるケースもあります。

骨粗しょう症への影響

生活習慣病の原因となる食生活の乱れは、骨の形成にも悪影響を及ぼします。骨は生涯を通して代謝を繰り返しており、食事の栄養バランスの乱れは、骨の質を落とすことになり、骨折もしやすくなります。
特に糖尿病に伴うインスリンの働きの不足によって、骨芽細胞が十分に作れなくなり、骨の代謝のうちの吸収(破壊)ばかりが進み、骨量が減少します。また、多尿によりカルシウムが排出されやすくなります。いずれも、骨密度の低下、骨粗しょう症、そして骨折のリスクを上昇させてしまうものです。
糖尿病と診断された方は、骨密度の低下、骨粗しょう症にも注意しなければなりません。金光診療所では、精度の高い「X線骨密度測定(DEXA)」による骨密度検査、患者様1人1人に合わせた骨粗しょう症の治療も行っております。

糖尿病の治療

糖尿病の治療では、特に食習慣と運動習慣の見直しが大切です。バランスの良い食事と適度な運動を継続することは、睡眠の質の向上にもつながります。
また、過度のアルコール摂取も控えて頂くことが必要です。
これらの生活習慣の改善で効果が不十分である場合、内服薬やインスリン注射などの薬物治療を検討します。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中のコレステロール値、もしくは中性脂肪値が、一定の基準を超えている状態を指します。必ずしも肥満が関連するとも限りません。
自覚症状がなく、気づかないうちに動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まりますので、脂質異常症と診断された場合には、たとえ体調が悪くなくとも、治療を開始することをお勧めします。

脂質異常症のままでいると…

脂質異常症を放置していると、動脈硬化が静かに進行し、心筋梗塞、脳卒中などのリスクが上昇します。
脂質異常症には自覚症状がありません。脂質異常症と診断された場合には、自覚的な身体の調子の良し悪しは考慮せずに、治療を開始しましょう。

脂質異常症の治療

食生活の改善、適度な運動習慣の心がけを中心に指導し、治療を進めます。
脂肪分を控えたバランスの良い食生活へ改善できるよう丁寧な指導を行います。
アルコールは中性脂肪を増やすことにつながりますので注意が必要です。
生活習慣病の治療では運動が推奨されていますが、適度で継続できる程度の運動から、運動の習慣化を目指して、心臓への負担、関節への負担を考慮し、患者様に合った運動メニューをご提案します。

メタボリックシンドローム

肥満のある人は、そうでない人と比べて、生活習慣病のリスクが高いと言えます。
男性で85センチ以上、女性で90センチ以上のウエストサイズであり、重要な値(脂質、血圧、血糖)の内の2項目で一定の基準以上を示している状態を「メタボリックシンドローム」と呼びます。
メタボリックシンドロームと診断された場合、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病のリスクを多く保有していることになります。

メタボリックシンドロームのままでいると…

メタボリックシンドロームは、生活習慣全般のリスクを抱えているということですので、動脈硬化の進行を加速させます。心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な状態に陥るリスクも高いと言えます。
高血圧、糖尿病、脂質異常症と診断されていなくても、それらが間近に迫っていると考え、予防・治療を行う必要があります。

メタボリックシンドロームの治療

メタボリックシンドロームの方のほとんどが、食べ過ぎ、運動不足の傾向が認められます。
まずは食事の全体量を減らし、その上で栄養バランスを整えていきましょう。特に脂質、糖質、塩分を控える必要があります。
体重過多、普段運動を全くしていない方は、いきなりの激しい運動は厳禁です。怪我、心臓への負担を考慮し、ウォーキングなどの軽い運動から始めましょう。併せて、喫煙、アルコール摂取も控えましょう。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る