禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来禁煙は辛いものです。やめよう、と思ってもなかなかやめられるものではありません。金光診療所にも、禁煙をご希望されたくさんの方がご相談に来られます。
当診療所の禁煙外来担当医師は、禁煙補助薬チャンピックスで禁煙に成功した、いわば元患者でもあります。患者様の「禁煙したい」というお気持ち、不安、辛さを理解し、手厚いサポートにより禁煙に導けるようお手伝いしたいと思っています。
治療中、辛いと思ったときは、ご相談にいらしてください。「今日1日を乗り切ること」を繰り返していけば、禁煙は必ず成功するのです。
禁煙補助薬と京都市上京区の金光診療所の親身なサポートで、禁煙を始めてみませんか?

禁煙外来は、若い方でも保険適用が可能になりました

平成28年度から、これまで保険診療に該当しなかった「若年層のニコチン依存症への治療」にも、保険が適用されるようになりました。
現在、保険が適用される条件は、以下のようになっております。

  • スクリーニングテストにより、ニコチン依存症と診断されている
  • すぐに禁煙を希望している

※34歳以下の方は、上記の2つの条件のみ。35歳以上の方は、「喫煙指数が」200以上であること。
(喫煙指数=1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数)

なぜ禁煙が辛いのか?

なぜ禁煙が辛いのか?「禁煙できない自分は、意志が弱いのか…」「気がつくとタバコに火をつけていた」
禁煙は、自分の意志だけではなかなか成功しません。
禁煙に失敗するのは、心理的依存(習慣、癖)と、身体的依存(ニコチン中毒)の2つが原因です。決して、意志の強さや弱さだけで成功や失敗が決まるわけではありません。
それだけ、タバコに含まれるニコチンには強い依存性があるのです。

禁煙補助薬について

禁煙補助薬の種類

禁煙補助薬には、ニコチンガムニコチンパッチ、そして内服薬の3種類があります。
ニコチンガムとニコチンパッチは、タバコを吸う以外の方法によりニコチンを補うことで辛さを軽減しながら徐々に慣らしていくものですが、内服薬「チャンピックス」にはニコチンが含まれていません。脳内のニコチン受容体(ニコチンを取り込む受け皿のようなもの)をブロックして、体内に取り込まれたニコチンによるドーパミン(タバコを美味しいと感じさせる快感を生む物質)の放出反応が起こらないようにする、つまりタバコを吸うことによる満足感を得られにくいようにする、ニコチン代替療法とはまったく異なった治療です。

飲む禁煙補助薬「チャンピックス」

飲む禁煙補助薬「チャンピックス」は、1日2回、食後に服用していただきます。3ヶ月で治療が完了します。最初の7日間は禁煙準備期間として、少ない量からお薬の服用を開始し、徐々に増量していきます。この間は喫煙を続けながら服用することができます。服用8日目から禁煙を開始します。

  • タバコが前よりおいしくなくなる
  • 禁煙時の辛さが軽くなる

ニコチンガム、ニコチンパッチを使用したときと比べて禁煙の成功率は高くなります。統計的に、3人に2人が成功していることになります。

通院スケジュールは?

通院スケジュールは?禁煙外来では基本的に、3か月間、最低5回の通院で、完全禁煙を目指します。
最初に「どれくらい吸っていたかの確認」「ニコチン依存症を判定するスクリーニングテスト」「呼気中の一酸化炭素濃度の測定」を行ったあと、「保険の適用」「禁煙の意志」「禁煙補助薬の選択」を確認した段階で、禁煙治療の開始となります。
基本的には、禁煙治療の開始日を1回目と数え(最初の7日間は、喫煙を続けながら薬を服用)、その後、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後にご来院いただきます。ただし、辛くなったときは、スケジュールに関係なくご相談にいらしてください。
※保険適用は12週目までとなっております。

一緒に乗り越えましょう

訪れる「辛さ」を予測し、乗り越える

ニコチン依存の離脱症状は、禁煙を開始してから数時間で現れ始め、2~3日後に辛さのピークを迎えます。
まずはこの時期を乗り切ることを目標にしましょう。

「吸いたくなる場面」を避けて、乗り越える

禁煙補助薬の使用以外にも、禁煙のためにできることはたくさんあります。脂っこい料理を食べるとタバコを吸いたくなる傾向があります。タバコを吸うときにコーヒーを飲む習慣があった方は、禁煙後もコーヒーを飲むとタバコを吸いたくなります。お酒も同様です。また酒席では喫煙場面を目にする確率が高くなり、やはりタバコを吸いたくなります。
こういった「吸いたくなる場面」を想定し、意図的に避けることで、きっかけと出会わないようにすることも大切です。

医師に相談して、乗り越える

禁煙の辛さを安心して相談できる相手というものは、実は少ないものです。タバコを吸わない人に相談しても、辛さを理解してもらえません。タバコを吸っている人に相談すると、残念ながら逆に吸うように言われることもあります。「禁煙に失敗するかも」という不安を抱えているときは、成功した人に聞きづらいものです。
当診療所で禁煙外来を担当する金光大石副院長は、かつて禁煙補助薬で禁煙に成功したいわば元患者です。
患者様の「禁煙したい」というお気持ち、禁煙の辛さ、また禁煙達成時の喜びを知っており、禁煙を希望される方への手厚いサポートにより禁煙成功に導けるようお手伝いしたいと思っています。
治療中、辛いと感じたときには、すぐにご相談にいらしてください。禁煙治療の経験者であり、医師であるからこそできるアドバイスがあります。「今日1日を乗り切ること」を繰り返していけば、禁煙は必ず成功するのです。

禁煙外来の費用

初回から5回目まで
(診療所)初診料+再診料、ニコチン依存症管理料、院外処方せん料
(保険調剤薬局)調剤料、お薬代
3割負担として すべて含めて
自己負担額19,660円。

※ちなみに1箱(20本)460円のタバコの場合、12週間のタバコ代は、38,640円。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る