変形性関節症

変形性関節症とは

健康で正常な関節は、曲げる、伸ばすといった動作の際、軟骨などがクッションとなるため痛みはありません。
しかし、加齢、怪我などによって関節の変形が起こると、軟骨や骨が傷つき、痛みが生じます。これが変形性関節症です。
変形関節症とは、長期間かけて
変形性関節症の患者数は、国内で約95万人と推計されています。男女とも50歳前後から増加しますが、どの年代においても女性に多く見られる傾向があります。
また、スポーツ選手等、特定の関節を使い続けた場合、若くしても変形性関節症になる可能性があります。
ただし、変形性関節症は、早期の発見にて進行を予防することもできます。
変形性関節症でお悩みの方は、専門の医療機関にて受診することをお勧めします。

変形性関節症の症状

  • 関節周辺の痛み、腫れ、違和感
  • 関節を曲げ伸ばししたときの引っかかる感覚
  • 水症(関節に水がたまる)
  • 正座ができない
  • 関節の曲げ伸ばしが難しい

    上記、症状に当てはまる場合、変形性関節症の可能性がございますので、
    専門の医療機関にて受診することをお勧めします。

変形性関節症の原因

  • 加齢
  • 怪我
  • 過体重による関節への負荷
  • 炎症性疾患


変形性関節症の検査・診断

変形性関節症の検査・診断は、
膝の骨の状態を確認し、骨に付随する軟骨組織や筋肉、腱などの状態を推測します。
骨と骨のすき間の大きさから軟骨のすり減り具合を評価し、
痛みや腫れ、関節の変形、動きを確認した上で、X線写真で関節の変形の程度を観察し、診断します。

また、MRIで軟骨のすり減り、骨の内部の空洞、浮腫の程度を確認することもあります。

上記、変形性関節症の症状に当てはまる方は、専門の医療機関にて受診することをお勧めします。

変形性関節症の治療

変形性関節症の程度が軽い場合、初期の場合には、投薬や運動療法などの保存的療法で症状の改善を目指します。
痛みが続く場合、日常生活に困難が生じている場合には、人工関節置換術などの手術を行うこともあります。
当診療所にご相談いただき、県警関節症の手術が必要と判断した場合には、提携病院をご紹介いたします。

関節の場所や状態により異なりますが、主に以下のような治療を行っております。

  • 消炎鎮痛剤、温熱療法で痛みを緩和させます。
  • 変形が生じた関節に負荷をかけないよう、無理のない体重の減量を行います。
  • ステロイド剤の関節内注入により、消炎・鎮痛効果を促進します。
  • リハビリテーションにより、筋力を向上させ、関節への負担を軽減させます。
Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る