大腸ポリープが出来る原因・日帰り切除・切除後について

日帰りでの大腸ポリープ切除

日帰りでの大腸ポリープ切除大腸カメラ検査により大腸ポリープが見つかった場合、内視鏡を使った切除が可能です。京都市上京区の金光診療所では、時間的、経済的負担の少ない、日帰りでの大腸ポリープ切除を行っております。
内視鏡の先端から出した注射針で大腸ポリープの根元の粘膜に生理食塩水を注入し、金属製の輪(スネア)を被せて締め付け、電流を流して焼き切ります。大腸ポリープの形状によっては、電流を用いない「コールドポリペクトミー」という方法で切除することもあります。
なお、大腸ポリープの大きさ、形状、生検(ポリープの組織の良悪性を診断する検査)結果によっては、内視鏡による切除ができないこともあります。

お腹の不調や不安がある方は、是非、京都市の金光診療所へお越しください。

大腸ポリープのがん化リスクについて

大腸ポリープは、便検査だけでは診断が難しいのが現状です。自覚症状に乏しいということもありますので、正確な診断のためには大腸カメラ検査が欠かせません。
腫瘍性のものも多く、放置していると肥大化します。大腸ポリープの直径が5ミリを超えた時点で5%強、20ミリを超えた時点で50%以上の確率で、がん化が見られます。
これは逆に言えば、ポリープの段階で切除しておくことで、大腸がんのリスクを大幅にさげることが可能ということです。
自覚症状がほとんどない大腸がんは、ポリープのうちに、定期的な大腸カメラ検査で発見・切除することをお勧めします。

大腸ポリープの原因

食生活と大腸がん・大腸ポリープの関係

大腸がんや大腸ポリープの発生リスクとなる食事として、高カロリー食や肉食(特に赤身、また加工肉の過剰摂取)が挙げられます。
逆に大腸ポリープの予防となる食事としては野菜や食物繊維を多く含む食品などが挙げられます。

大腸がん・大腸ポリープの遺伝について

大腸がんの患者さんの中には、『遺伝性大腸がん』という大腸がんが発生しやすい家系の方がおられます。
また『家族性大腸腺腫症』という大腸にポリープが多数発生するものや、『リンチ症候群』という、多数のポリープが発生することなく家族内に大腸がん(他に小腸がん、子宮がん、腎尿路系がん)が多く発生するものがあります。
ご家族や血縁の方に大腸がん・大腸ポリープと診断されたことがある方がおられる場合には早めに大腸内視鏡検査を受けて頂くことをおすすめします。

大腸がん・大腸ポリープを作らない為の生活習慣

大腸がん・大腸ポリープを完全に防ぐ方法は残念ながらありませんが、発生リスクが高まる危険因子として肥満、喫煙、過度の飲酒などが挙げられ、
その反対に発生リスクを下げる予防因子として適度な運動療法が挙げられます。
また50歳以上という年齢自体や、大腸がんの家族歴があることも大腸がん・大腸ポリープの危険因子となります。食生活と危険因子、予防因子については上述の通りです。

大腸ポリープ切除の所要時間

10~20分程度

内視鏡的ポリペクトミー

内視鏡的ポリペクトミーは、5~10ミリほどの小さな大腸ポリープを切除する際に行われる切除法です。ポリペクトミーは、電流を通して焼き切るので、切除中は出血が少ないのですが、切除した箇所が火傷したようになります。稀ではありますが時間が経過してから、穿孔などの合併症を起こすケースもあります。
コールドポリペクトミーは、電流を通さずに大腸ポリープを切除するため出血も少なく、合併症のリスクも低いため心臓ペースメーカーと付けている方や抗血栓薬を内服されている方でも可能な切除方法です。

ポリペクトミーの流れ

ポリペクトミーの流れ

一般的な大腸ポリープ切除で行われる切除法です。

  1. 大腸カメラを挿入し、金属製のスネアを大腸ポリープに引っ掛けます。
  2. スネアを徐々に締め付け、電流を流して焼き切ります。
  3. 切除した箇所の状態や出血を確認します。

コールドポリペクトミーの流れ

コールドポリペクトミーの流れ

大腸ポリープの形状によっては電流を使用しないコールドポリペクトミーを行います。4ミリ以下の大腸ポリープの場合は鉗子で切除するケースもあります。

  1. 大腸カメラを挿入し、金属製のスネアを大腸ポリープに引っ掛けます。
  2. スネアを徐々に締め付け、切り取ります。
  3. 切除した箇所の状態や出血を確認します。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、スネアを引っかけることができない平坦な大腸ポリープや早期の大腸がんの場合に行われる切除法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の流れ

内視鏡的粘膜切除術(EMR)の流れ

  1. 大腸カメラを挿入し、内視鏡の先端から出した注射針で大腸ポリープの根元の粘膜に生理食塩水を注入し、隆起させます。
  2. 金属製のスネアを大腸ポリープに引っ掛けます。
  3. スネアを徐々に締め付け、電流を流して焼き切ります。
  4. 切除した箇所の状態や出血を確認します。 

大腸ポリープ切除後の注意点

大腸ポリープの切除までの注意

抗凝固薬、抗血小板薬などの血を止まりにくくする作用があるお薬については、通常処置の4-7日前より服用を中止して頂いております。
これらのお薬を服用中の場合は必ずお申し出ください。

大腸ポリープ切除後の注意

大腸ポリープを切除した部位は電気焼灼によりできた潰瘍となります。切除部位は器具により縫合、出血予防がされていますが、腹圧がかかった場合や腸管内容物の通過時などに器具が外れ出血が起こったり、切除部位に遅発性穿孔(腸に穴があくこと)などの合併症を起こすことがあります。
このような合併症は、大腸ポリープ切除後少なくとも7日目までは起こりうることが知られています。
(合併症が起こった場合は別途、内視鏡的止血術、手術、入院が必要となる場合があります)

大腸ポリープ切除後の生活について

・大腸ポリープ切除後、5-7日間は、消化の良い食事を心掛ける
・刺激の強いものやアルコール類は避ける
・安静を心掛け、激しい運動(ジョギング、ゴルフなど)や出張・旅行などの遠出は避ける
・長時間の入浴を避け、短時間にするか、シャワー程度にしておく
・いきんだり、重いものを持つなど、腹圧がかかることは避ける
・抗凝固薬、抗血小板薬を服用中の方は、担当医師と相談をすること

大腸ポリープ切除後、腹痛、血便、発熱などが見られた時は、必ず担当医師にご相談ください

大腸内視鏡で大腸がん・大腸ポリープはどれくらいの割合で見つかるのか

大腸がん・大腸ポリープの罹患率は年齢により異なります。40歳を過ぎた頃から増加し始め、50歳を過ぎると年々増加する傾向にあります。
そのため40歳を過ぎた方の大腸がん検診はより重要です。便潜血検査の陽性率は7%程度ですが、その中で実際に大腸内視鏡などの二次検査まで受けられるのは60%です。二次検査での大腸がんの有病率は5%程度ですが、大腸ポリープの有病率は30%以上といわれています。10,000人の検診患者さんのうち、便潜血陽性にもかかわらず精査を受けずに放置している280人の中で、14人に大腸がんがあり、84人以上に大腸ポリープがあることになります。せっかく検診を受けても、精査が必要な状態を放置してしまっては大腸がんの発見、あるいは大腸がんのもととなる大腸ポリープの発見、ひいては切除による大腸がん予防の機会をみすみす逃してしまうことになります。検診の結果を大切に考え、きちんと精査を受けて病変がないかどうかを確認することが重要です。

大腸ポリープは必ず切除しなければいけないのか

大腸ポリープには治療する必要のあるもの(腫瘍性;腺腫)と、治療の必要のないもの(非腫瘍性)とがあります。両者を鑑別する方法として、内視鏡検査時の通常の観察、色素を散布して表面の性状を詳しく観察する方法、表面の構造を詳しく観察するために内視鏡の光を特殊な光(狭帯域光観察;NBIに変えて観察する方法、ポリープの一部を採取して病理組織検査(組織を顕微鏡で確認する検査)で種類を確定する方法などがあります。

大腸がんの多くは、腺腫の一部に発生した癌細胞がだんだんと増大して発生します。

腺腫は放置して大きくなればなるほど癌化する可能性が高くなりますが、腺腫内に発生し始めたがんがより深いところまで広がっていく前であれば、内視鏡的に切除する治療が可能です。

大腸がんの原因となり得る腺腫がないかを定期的に観察、切除して、腺腫が一つもない状態を維持することにより大腸がんの発生率を50-70%下げることができるといわれています。

これまでに大腸ポリープ切除の既往がある方も、再発がないかどうかを定期的に内視鏡検査でチェックしておくことが非常に大切です。

大腸ポリープ切除の費用

径2cm未満のもの1個を切除した場合
(※手技料、判断料を含む)
3割負担の方 18,030円
1割負担の方 6,010円

※診察料、薬剤料は含まれていません。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る