健診で引っかかった方へ

健康診断(健診)で“再検査”“精密検査”となった方へ

健康診断(健診)での「要再検査」「要精密検査」という結果を見ても「大丈夫だろう」「忙しいし」と放置される方が多くいらっしゃるのが現状です。
しかし、その結果は客観的な事実として、あなたの身体で異常事態が起きていることを示しています。特に自覚症状がない病気の場合「身体の調子も悪くないし」と検査を後回しにしてしまいがちです。
がんをはじめ、あらゆる病気において、早期発見・早期治療に越したことはありません。早期治療であれば、結果的に治療費も少なくて済みます。
健康診断(健診)にて引っかかった、異常が見つかった方は、できるだけ早く、再検査、精密検査を受けてください。

バリウム検査で異常があった方へ

バリウム検査で異常を指摘されても、慌てる必要はありません。「要精密検査」の場合には、「異常発見の良い機会」と考えて、食道、胃、十二指腸についてより確実、かつ豊富な情報が得られる胃カメラ検査での精密検査を受けて下さい。

検診のバリウム検査で済ませていませんか?

「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」が難しい理由

会社の健診や市民健診で行われている胃バリウム検査では、基本的に胃や食道の粘膜を、影絵的に観察しており、早期の胃がん・食道がんの発見に十分な効果があるとは言えません。
早期の胃がん・食道がんを見つけるためには、粘膜の微細な変化を見分ける必要があります。そのため、影絵的な観察となるバリウム検査では、早期の胃がん・食道がんの発見は困難なのです。特に食道は、バリウムがすぐに通り過ぎてしまうため、早期がんを含む異常を見つけにくい部位となります。
よって、胃バリウム検査で見つかる胃がんや食道がんは、進行しているものが多く、高い確率で手術や抗がん剤治療が必要になります。胃カメラ検査時、内視鏡での切除が可能ながんは早期の小さなものに限られますので、「胃バリウム検査でがんを発見→内視鏡での切除」という過程を辿ることはほとんどありません。京都の京都市上京区にある金光診療所では胃カメラ検査を推奨しています。

バリウム検査より胃カメラが良い理由は?

バリウム検査には検査としての機能・役割があり、費用面では胃カメラ検査と比べた場合に安価と言えます。
ただ、もう一つのメリットと言われていた「少ない苦痛」も細径の胃カメラや経鼻内視鏡の開発により、すでにメリットとは言いづらくなっています。
胃カメラ検査がバリウム検査より優れる点は、多数あります。

胃カメラは早期がんの発見に有効

早期の胃がん、食道がんは、バリウム検査での発見が困難ですが、胃カメラ検査は微細な色の変化を見分けられるため、早期の発見が可能です。

胃カメラ検査と処置が一度にできる

胃カメラ検査では、ポリープなどを見つけたとき、その場で内視鏡の先端から組織採取することができます。

「バリウム検査→胃カメラ検査」という手間を省略できる

バリウム検査で異常が見つかり、胃カメラ検査を受けることになると、当然それだけ身体的・経済的負担が増えます。
また、潰瘍の治療痕、ポリープや腫瘍の治療痕は残りやすく、すでに治っていても、バリウム検査で「要精密検査」と告げられることは珍しくありません。精密検査として受けた胃カメラ検査では、「治療痕でした」と分かりますが、この【バリウム検査で「要精密検査」→胃カメラ検査で「治療痕だと分かる」】というサイクルを毎年のように繰り返していては、余計にバリウム検査の意味が失われていきます。
確実な診断と患者様のご負担を総合的に考えた場合、初めから胃カメラ検査を受けられた方が一度の検査で楽にすみます。
京都・京都市にて胃カメラ検査をお探しの方は、是非当院までお越しください。

再検査、精密検査とは?

ここでは、健康診断(健診)からの、再検査と精密検査の違いをご説明いたします。

再検査

最初の検査の数値が異常だったときに、それが検査時だけの一時的な変動だったのかどうかを確かめる意味で行われるのが「再検査」です。再検査で同じような異常が示された場合、精密検査へと進み、そこで異常がなければ、一時的な変動が示した異常だった、と判断されます。
健康診断から再検査において、強制は出来ないですが、ご自身の為、かかりつけ医にて再検査を行うことをおすすめします。

精密検査

精密検査では、健康診断(健診)時、検査で見つかった異常の原因を探る検査です。治療の必要性の有無、数値の異常の原因である病気の特定などを行いますが、検査内容は状況によって変わります。
病気・病状を特定するためのものであり、異常の有無をチェックする健康診断(健診)や人間ドックとは意味合いが異なります。

どんなことでもご相談ください

健康診断(健診)から再検査や精密検査を通告されたときに「どんな重い病気だろう」と不安になって、なかなか病院へ足を運べない方もいらっしゃいます。
しかし、そのまま放置するのが一番よくありません。ご自身のため、そしてご家族のためにも、再検査や精密検査はできるだけ早く受けられることをお勧めします。仮に何かの病気であったとしても、治療の方向性や日常生活での注意点など、はっきりすることで気が楽になることもあります。また、早く治そう、という目標もできます。
京都市上京区の金光診療所では、ご来院のすべての方に、出来る限りのサポートをいたします。「病気なんじゃないか?」「この数値はどういう意味なんだろう?」「結局自分はどういうリスクがあるんだろう?」「異常はなかったけれど、危ない項目ってどれだろう?」といったお悩み・疑問をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。
健康診断(健診)にて、異常が出た方も早期発見が出来れば、病気のリスクも軽減されます。
再検査、精密検査をご希望の方は、検査結果、あるいは結果に同封されている紹介状をお持ちください。


Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る