胃の病気

胃の病気について

胃炎・胃潰瘍

胃の痛み、吐き気、膨満感、食欲低下といった症状が現れたときは、胃炎や胃潰瘍の疑いがあります。ただし、無症状のこともあり、病状の進行により出血が起こると、黒い便が出たり、吐血したりすることもあります。
内服治療で症状が改善することがほとんどですが、ピロリ菌感染を伴う胃潰瘍の場合は除菌治療をしないと再発のリスクが高いため、胃潰瘍の治療と同時にピロリ菌の除菌治療、除菌後も年1回の定期的な胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

胃がん

胃がん胃炎・胃潰瘍と似た症状が現れる場合もありますが、かなり進行するまで無症状のことも多くありますので、定期的な胃カメラ検査で、早期発見に努めましょう。
最大の原因がピロリ菌感染ですが、ピロリ菌の除菌治療をしたあとでも、除菌後の発がんが一定数ありますので、早期発見・早期治療のためには定期的な胃カメラ検査が必要です。

胃ポリープ

無症状であるケースがほとんどです。ただ、胃ポリープの中には、ごくまれに胃がんへと進展するものもあり、決して侮れません。
定期的に胃カメラ検査を受け、切除が必要なポリープなのかどうかを検査で確認する必要があります。

胃アニサキス症

イカ、サバなどの生食から胃に入り込んだ寄生虫が、強い痛みを起こします。
内視鏡検査を行い、寄生虫を取り除くことにより治まります。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

食前後の胃の痛み、慢性的な吐き気や腹部膨満感、食欲低下、早期既満感(ごく少量の摂食で満腹を感じてしまいそれ以上食べられなくなる)などの症状を伴いますが、検査でも症状を説明できる病変が指摘できない疾患です。胃腸の働きを制御している自律神経の不調によるもので、ストレスが一因となることもあります。各々の患者様の状態に合わせて、胃腸の働きを整える薬などの服用により症状の改善を目指します。

食道の病気について

逆流性食道炎

逆流性食道炎近年若い方から比較的ご年配の方までたくさんの方に見られるのが「逆流性食道炎」です。
胃内の酸(胃酸)が食道に逆流することで、胸やけ、すっぱいものがせりあがってくるような不快感、胸や喉の違和感、飲み込みにくさ、咳・喘息といった、さまざまな症状を起こします。食後や就寝中、起床時などに症状を強く自覚することが多く、胃酸を抑える薬などの服用や食生活の内容の注意などにより症状の緩和が期待できます。症状は繰り返し起こることが多く、服薬や生活改善を続ける必要があります。

食道がん

食事中に喉や胸のあたりがでつかえるような感覚がある、飲み込みにくいなどの症状は、食道がんによるものの可能性もあります。常習的な飲酒や喫煙によりリスクが上昇します。定期的に胃カメラ検査を受け、早期発見に努めましょう。

食道静脈瘤

食道に血管の瘤ができるのが「食道静脈瘤」です。慢性肝臓疾患を抱えている方に起こりやすく、自覚できる症状はほとんどありませんが、瘤の血管が傷ついたときには大出血を起こすリスクがあります。
慢性肝臓疾患をお持ちの方は、胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

このような症状はありませんか?

  • 胃に痛みを感じる
  • みぞおち周辺に不快感がある
  • 食欲不振、吐き気
  • 胸やけ
  • 胃の辺りが張っている
  • 少量で満腹になるようになった
  • 食後の胃もたれ
  • 食後に気分が悪くなる、胸やけ
  • ものを飲み込む際、つかえる
  • 胃酸がのぼってくることがある
  • げっぷがよく出るようになった

上記のような症状がある方は、一度当院にご相談ください。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る