胃の病気

胃の病気について

胃炎・胃潰瘍

胃の痛み、吐き気、膨満感、食欲低下といった症状が現れたときは、胃炎や胃潰瘍の疑いがあります。ただし、全くの無症状というケースも見られます。
進行し、出血が起こると、黒い便が出たり、吐血することもあります。
胃薬で症状が改善することがほとんどですが、胃潰瘍の場合にはピロリ菌感染を伴う場合は特に再発のリスクが高く、同時にピロリ菌の除菌治療と定期的な胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

胃がん

胃がん胃炎・胃潰瘍と似た症状が現れます。定期的な胃カメラ検査で、早期発見に努めましょう。
原因の一つと言われているのがピロリ菌ですが、ピロリ菌の治療をしたあとでも、胃がんになることはありますので、いずれにせよ、早期発見・早期治療のためには胃カメラ検査が欠かせません。

胃ポリープ

無症状であるケースがほとんどです。ただ、胃ポリープの中には、まれに胃がんへと進展するものもあり、決して侮れません。
定期的に胃カメラ検査を受け、ポリープ切除の必要性を医師に判断してもらうことが大切です。

胃アニサキス症

イカ、サバなどの生食から胃に入り込んだ寄生虫が、強い痛みを起こします。
内視鏡検査を行い、寄生虫を取り除くと、痛みは治まります。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

胃の痛み、吐き気、膨満感、食欲低下といった、胃炎のような症状を伴います。ストレスを原因としても起こることがある病気です。
胃腸の動きを整える薬により症状の改善を目指します。

食道の病気について

逆流性食道炎

逆流性食道炎近年若い方から比較的ご年配の方までたくさんの方に見られるのが「逆流性食道炎」です。
胃内の酸(胃酸)が食道に逆流することで、胸やけ、すっぱいものがせりあがってくるような不快感、胸のつかえ、喉の違和感、飲み込みにくさ、咳・喘息といった、さまざまな症状を起こします。食後や就寝中に起こるケースが目立ちます。
薬により症状の緩和が期待できます。

食道がん

食事中に喉でつっかえるような感覚があるときは、食道がんを疑う必要があります。他に、逆流性食道炎に似た症状が現れることがあります。
飲酒や喫煙によりリスクが上昇します。定期的に胃カメラ検査を受け、早期発見に努めましょう。

食道静脈瘤

食道に血管の瘤ができるのが「食道静脈瘤」です。肝臓に疾患を抱えている方に起こりやすく、自覚できる症状はほとんどありませんが、瘤の血管が傷ついたときには大出血を起こすリスクがあります。
肝臓に疾患を抱えている方、検査数値が気になっている方は、胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

このような症状はございませんか?

  • 胃に痛みを感じる
  • みぞおち周辺に不快感がある
  • 食欲不振、吐き気
  • 胸やけ
  • 胃の辺りが張っている
  • 少量で満腹になるようになった
  • 食後の胃もたれ
  • 食後に気分が悪くなる、胸やけ
  • ものを飲み込む際、つかえる
  • 胃酸がのぼってくることがある
  • げっぷがよく出るようになった

上記のような症状がある方は、一度当院にご相談ください。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る