Dr.コラム

2017.12.01

【整形外科】ロコモティブシンドロームについて

「骨」「関節」「筋肉」などの運動器の働きが加齢によって衰えていくと、
立つ、歩く、走る、登るといった日常生活に必要とされる運動機能が低下し、
介護が必要な状態になる危険性が高くなります。

このような運動器の機能が低下した状態を
「運動器症候群=ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)」と呼びます。

ロコモティブシンドロームの症状としては、

  • ●膝関節の変形や痛み
  • ●腰の痛みや足のしびれ
  • ●筋力の低下
  • ●バランス能力の低下
  • ●軽微な外傷で生じる骨折

などが起こります。

一つでも症状の当てはまる方は、レントゲン検査、MRI検査、骨密度検査などによりロコモティブシンドロームの正確な評価をおすすめします。当院ロコモ外来では「ロコモ度テスト」も行っておりますのでご相談下さい。

自立した健康な状態で日常生活を送れる期間を「健康寿命」と呼びます。自分に必要なロコモ対策をしっかり行い、健康寿命を延ばしましょう。

詳しくはこちら。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る