Dr.コラム

2018.04.01

【消化器内科】逆流性食道炎・バレット食道について

    • 逆流性食道炎について

    • ・胸やけ
    • ・酸っぱいものが上がる(呑酸)
    • ・苦い水が上がる
    • ・げっぷ
    • ・みぞおちの違和感や痛み
    • ・お腹の張り
    • ・胸の違和感
    • ・喉や口の中の違和感
    • ・喉のつかえ感
    • ・ものが飲み込みにくい


    こんな症状はありませんか?

     

    こんな症状にあてはまる方は『逆流性食道炎』という病気の可能性があります。

    近年、食生活の欧米化や高齢化などにより、逆流性食道炎の患者さんが確実に増えてきています。

     

    通常われわれの身体では、食べ物を胃にまで導く食道と胃との接合部(噴門部)には食道下部括約筋という筋肉があり、安静にしている時にはある一定の力で閉じることにより、胃酸や胃の内容物が食道側に逆流するのを防いでいます。しかし加齢や食生活、姿勢などの要因によりこの部分のしまりが悪くなる『食道裂孔ヘルニア』という変化が起きることにより、胃酸の食道側への逆流により食道が炎症を起こす『逆流性食道炎』、また炎症自体がみられなくても胃酸の逆流による自覚症状があらわれる『胃食道逆流症』といった病態が起こることがあります。

     

    逆流性食道炎は、脂っこいものを多く食べる方、肥満のある方、ストレスの多い方、猫背や腰の曲がりなどの姿勢に問題のある方に多い病気です。

    通常は、逆流してきた胃酸や胃の内容物を胃側へ押し戻そうとする蠕動(ぜんどう)運動という働きがありますが、その働きが低下することも逆流性食道炎が起こる原因の一つといわれています。逆流性食道炎の診断は、主に問診と内視鏡検査によって行われます。逆流性食道炎では、冒頭に挙げたように、胸やけの他にも、胸の違和感や喉のつかえ感、または慢性的な咳といった消化器系の症状とは考えられない様な症状をも含む多彩な自覚症状があります。

     

    内視鏡検査は、食道裂孔ヘルニアの有無や程度、食道にどの程度の炎症があるのかを確認することの他に、食道がんや胃がん等の悪性疾患でないことを確認する目的で行います。

     

    逆流性食道炎の治療の基本は生活習慣の改善と薬物治療です。脂肪分やタンパク質の摂りすぎのほか、甘いもの、香辛料を多く含む刺激の強いもの、酸味の強い果物なども胸焼け症状を悪化させる可能性がありますので摂りすぎには注意が必要です。また早食いをしないように注意し、一度に摂る食事量についても腹八分目の適量を心がける必要があります。コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは胃酸の分泌を増やすといわれ、またアルコールは胃酸の分泌を増やすだけでなく、噴門部の筋肉をゆるめる作用があり、摂りすぎは症状の悪化につながりやすいといわれています。また、食べた後すぐに横になると物理的に胃の中身の多くが逆流してしまうため、食事から就寝まではある程度の時間をあける必要があります。

     

    以上の様な食生活の改善とともに、適度な運動による肥満の解消、背筋を伸ばした姿勢を心がけることが望まれます。しかし、生活習慣の改善だけでは症状を完全になくすのは難しく、多くの方で生活習慣の改善とあわせて薬物治療が必要となります。薬物治療は胃酸の分泌を抑える薬や、消化管の運動を促進させる薬を使用します。

     

    薬物治療を始めると多くの方では速やかに症状は軽減しますが、症状がなくなっても食道の炎症はすぐに治るわけではありませんので、しばらくは薬を飲み続ける必要があります。また薬剤は胃から食道への逆流を根本から治すわけではないため、症状がなくなった後に服薬をやめると多くの方に再発がみられます。そうした方には薬を常用することで再発を防ぐ維持療法が必要です。食道の炎症の程度が軽く、また胸やけなどの症状もごくまれにしか起こらないような方には、症状がある時だけ服薬する治療が行われることもあります。

    • アクセス正常な食道胃接合部

    • アクセス逆流性食道炎のある食道胃接合部

    バレット食道について

    近年増加傾向にある逆流性食道炎と非常に関連が深い『バレット食道』という病気をご存知でしょうか。

    胃酸を含む胃内容物が食道に逆流すると逆流性食道炎になり、食道の粘膜に「びらん」という粘膜のただれや、「潰瘍」という粘膜の傷が深くえぐれた様な病変が発生します。その治癒・修復の過程で、食道の粘膜が本来の扁平上皮ではなく円柱上皮に置き換わった状態を『バレット食道』と呼びます。バレット食道自体は生命に直接関わるような病気ではありませんが、食道がん(バレット食道がん;食道腺がん)の発生母地となる可能性がある病変です。バレット食道の患者さんでは、逆流性食道炎と同じように胸やけや呑酸(酸っぱいものが上がる)などの症状がみられることもありますが、無症状の方も少なくありません。

     

    欧米では逆流性食道炎の増加に引き続いて、バレット食道、バレット食道がんも著明に増加してきているとの報告があります。日本でも食生活の欧米化などにより逆流性食道炎が増加していますが、今後バレット食道も同じように増加していくことが懸念されています。

     

    バレット食道は大きく2種類に分けられ、食道の全周に3cm以上の長い範囲にバレット食道のあるものをLSBE(Long Segment Barrett’s Esophagus)、バレット食道の一部が3cm未満と短い範囲にしかないか、あるいは全周にないものをSSBE(Short Segment Barrett’s Esophagus)といいます。日本ではLSBEよりSSBEの頻度が高く、SSBEに比べてLSBEでは、より発がんのリスクが高いと考えられています。

     

    バレット食道そのものに対する治療は現時点では有効なものがなく、随伴する逆流性食道炎の治療が中心となります。また、バレット食道からの発がんを抑制する有効な方法も現時点ではありません。バレット食道がんの早期発見のためには、特に胸やけなどの逆流性食道炎の症状のある方はまず内視鏡検査を受けて頂くこと、内視鏡検査でバレット食道を診断すること、そしてバレット食道と診断された場合には定期的に内視鏡検査を受けることが大切です。

    • アクセスSSBE(Short Segment Barrett’s Esophagus)

    • アクセスLSBE(Long Segment Barrett’s Esophagus)

2018.03.01

【消化器内科】大腸ポリープについて

大腸がんは患者数、死亡者数ともに年々増加しており、女性ではがんの部位別死亡数で第1位、男性では第3位となっています。大腸がんの多くは、ポリープの一部に発生した癌細胞がだんだんと増大して発生します。(大腸の粘膜からポリープを経由せずに、直接がんが発生する場合もあります。)

発生した大腸がんは増殖し徐々に粘膜の深いところまで広がっていき、早期がんからやがて進行がんといわれる状態にまで進行していきます。
大腸がんの症状は病変のある場所や進行度によって異なりますが、通常、早期がんの状態ではほとんど自覚症状はありません。

大腸がんの疑いのある人を見つけるために健診や人間ドックでは、癌からの出血の存在を想定した簡便な便検査(便潜血反応)の検査が行われることが多いですが、多くの大腸がんのもととなる大腸ポリープの段階では便潜血が陽性にならないものも多く、内視鏡検査を受けてはじめてわかるものも多くあります。
大腸ポリープは直径が5mmを越えると5%強,2cm以上では50%以上と高い確率で癌化が見られるようになりますが、ポリープ内に発生したがんが深いところまで広がっていく前であれば、内視鏡を使用して切除する治療が可能です。

外科的な手術が必要となる進行がんになる前に、ポリープの段階で発見、内視鏡的に切除しておくことが大腸がんの発生リスクを大きく減らすことにつながります。
大腸ポリープの早期発見、早期治療のため、是非内視鏡検査を受けて下さい。

詳しくはこちら。

2018.02.01

【糖尿病内科】甲状腺の病気について

甲状腺は首の気管の前にある甲状腺ホルモンを分泌する臓器です。
甲状腺ホルモンは体になくてはならないホルモンで多くの重要な役割をもっています。例えばヒトが冬になっても体温をずっと維持できるのも甲状腺ホルモンが重要な役割を果たしています。
甲状腺ホルモンの異常があると想定外の体重の増減など多様な体調の変化が起こってきます。何か普段と違う症状や体調の不調があれば、一度は甲状腺ホルモンの検査が必要です。診断は1-2回の採血のみで可能で、内服薬で治療可能なことがほとんどです。

当院では月曜日の午前と水曜日午前・夜に診療を行っています。お気軽にご相談下さい。

2018.01.01

【糖尿病内科】内分泌の病気について

内分泌内科はホルモン(体内に分泌される蛋白質)をつくる臓器の異常を診療します。
下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・膵臓などの臓器が主な対象となります。
それぞれの臓器で分泌される多種多様のホルモンの異常により、いろいろな症状が引き起こされます。
よく知られている糖尿病という病気は膵臓から分泌されるインスリンが低下することにより発症します。糖尿病は多くの内分泌系の病気の一つに過ぎないのですが、患者数が多いので、糖尿病のみを診療する専門の先生もおられます。

■内分泌の病気の症状

  • ●検診で生活習慣病(糖尿病・高血圧症・高脂血症など)、あるいはその疑いがあるといわれた。
    (ホルモンの異常から生活習慣病が引き起こされる事もあります。その場合はホルモンの治療をしなければ一般的な治療が効きにくい事があります。)
  • ●食事量や運動量には変化がないのに原因不明の体重減少や体重増加がある。
  • ●原因が思い当たらない食欲不振がある。
  • ●異常に尿量が多く、水分も多く飲む。
  • ●脱毛があるが、皮膚科を受診しても原因不明と言われた。
  • ●今まで使えていた指輪や靴が入らなくなる。
  • ●生理不順があるが、婦人科を受診しても異常はないと言われた。
  • ●妊娠の可能性のある女性の方で、近親者に甲状腺の病気の方がいる。
    (妊娠中の甲状腺ホルモンは胎児の発育にとても大切です。普段は正常でも妊娠中にホルモンバランスを崩しやすい体質をもっているかどうかを事前に知っておく事は非常に大切です。)
  • ●とにかくだるい。しんどい。なんとなく普段と違う

以上のような症状があれば、お気軽に受診、ご相談下さい。
以前はホルモンが正確に測定できなかったので、何日も入院して検査をする必要がありましたが、最近は一回の採血で診断できることがほとんどです。

2017.12.01

【整形外科】ロコモティブシンドロームについて

「骨」「関節」「筋肉」などの運動器の働きが加齢によって衰えていくと、
立つ、歩く、走る、登るといった日常生活に必要とされる運動機能が低下し、
介護が必要な状態になる危険性が高くなります。

このような運動器の機能が低下した状態を
「運動器症候群=ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)」と呼びます。

ロコモティブシンドロームの症状としては、

  • ●膝関節の変形や痛み
  • ●腰の痛みや足のしびれ
  • ●筋力の低下
  • ●バランス能力の低下
  • ●軽微な外傷で生じる骨折

などが起こります。

一つでも症状の当てはまる方は、レントゲン検査、MRI検査、骨密度検査などによりロコモティブシンドロームの正確な評価をおすすめします。当院ロコモ外来では「ロコモ度テスト」も行っておりますのでご相談下さい。

自立した健康な状態で日常生活を送れる期間を「健康寿命」と呼びます。自分に必要なロコモ対策をしっかり行い、健康寿命を延ばしましょう。

詳しくはこちら。

2017.11.01

【糖尿病内科】糖尿病について

炭水化物~糖質は生命を維持していくために必要な大切な栄養素です。炭水化物~糖質を摂取すると糖質は消化されてブドウ糖となり、血液中から全身の 細胞に取り込まれてエネルギー源として利用されます。血糖値とは血液中のブドウ糖の量をあらわしています。食事の摂取、消化、吸収されると血糖値は高くな り、運動などにより消費されると血糖値は低くなりますが、健康人では血糖値を上げるグルカゴンというホルモンと、血糖値を下げるインスリンというホルモン とが食事や運動により急激に血糖値が変化しないように調節する役割をはたしています。

糖尿病とは、このインスリンの作用が十分に機能せず血糖値が高くなっている状態のことです。治療せずに放置すると全身にいろいろな影響が出てきま す。糖尿病は原因によりインスリンを作る膵臓の細胞が壊れることによって起こる1型糖尿病と、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなって起こる 2型糖尿病に分けられます。(その他に遺伝子の異常や糖尿病以外の病気、薬剤によるもの、妊娠によるものもあります。)日本の糖尿病患者の約95%が2型 糖尿病と言われています。
日本人は遺伝的にインスリンの分泌が弱い人が多く、そこに過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり発症するため、2型糖尿病は生活習慣病ともいわれるのです。
また肥満がなくても内臓脂肪が増えるメタボリックシンドロームと呼ばれる状態になると発症しやすくなります。

糖尿病の代表的症状として口渇(喉の渇き)、多飲(水分をたくさん飲みたくなる)、多尿(尿の量が多くなる)、体重減少、全身疲労感があります。

1型糖尿病ではその様な症状が急に起こりますが、2型糖尿病では症状のないままに発症し、ゆっくりと進行するため、糖尿病がかなり進行してしまって から見つかることがあるのです。また無症状だからといって治療を行わずにいると眼や腎臓、神経、血管等に合併症まで引き起こされてくることがあります。
個々のケースにより異なりますが、早期では食事療法や運動療法のみで血糖コントロールができる場合もあります。病気が進行すると食事療法、運動療法のみで なく、内服治療やインスリン、あるいはインスリンに似た働きをする薬剤の注射治療が必要になります。治療により血糖がうまくコントロールできても、糖尿病 そのものが治癒するわけではありませんので、継続的に治療を受ける必要があります。

まずは糖尿病にならないように生活習慣に注意すること、また糖尿病になってしまっても早期に診断、治療を受け、継続することによって後々の合併症を 発症することなく過ごすこともできますので、家族に糖尿病の方がおられる方や、他の生活習慣病におかかりの方は定期的に検査を受けるよう心がけて下さい。

詳しくはこちら。

2017.10.01

【消化器内科】ヘリコバクター・ピロリ菌について

ヘリコバクター・ピロリ菌についてご存知ですか?
ヘリコバクター・ピロリ菌(以下ピロリ菌)は胃の粘膜に生息する菌で、感染していると胃や十二指腸の慢性炎症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因となります。 ピロリ菌感染による慢性胃炎が長期間持続すると、そこから胃癌が発生してくることもあり、ピロリ菌感染は胃癌の一因であるとも言われています。

多くの場合は幼少の頃に感染し、感染経路は親近者や飲み水(井戸水)、便など様々ですが、特定できない場合がほとんどです。その後は症状なく経過しますが、一度感染してしまうとほとんどの場合、除菌治療をしない限りは胃の中に生息したままになってしまい、長い年月をかけて胃や十二指腸に慢性炎症を起こしつづけます。上下水道の普及によりピロリ菌の保菌者は減っていますが、普及期に幼少期を過ごした50代以上の日本人の約70~80%が感染者であると言われています。

ピロリ菌感染の有無については、血液検査で抗体の有無を調べる方法、内視鏡下に採取した組織で調べる方法、検査薬を服用した後の呼気(吐いた息)で調べる方法、その他便や尿で調べる方法などがあります。

ピロリ菌感染が陽性であった場合、ピロリ菌を退治する除菌治療という治療法があります。胃薬と抗生剤2種類を7日間服用するという比較的簡単な治療です。除菌治療によりピロリ菌を退治することができた場合は、慢性に起こっていた炎症は終息し胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発率は大幅に低下します。

以前は内視鏡検査で胃潰瘍や十二指腸潰瘍が伴に認められない限り、ピロリ菌感染が陽性であってもピロリ菌を退治する除菌治療は保険適応ではありませんでしたが、2013年からピロリ菌感染による慢性胃炎が確認された場合についても保険で除菌治療ができるようになりました。保険でピロリ菌感染の有無を検査したり、除菌治療を行うにはまず内視鏡検査を行う必要があります。

ピロリ菌感染による慢性胃炎が長期間続くと、胃液や胃酸の分泌が十分ではなくなるため、消化不良や胃もたれ、食欲不振といった症状が出現することがあります。
症状にお心当たりのある方や検診で異常を指摘された方、ご家族にピロリ菌感染者がおられる方、また以前ピロリ菌感染を指摘されたまま未治療の方は一度消化器内科にご相談下さい。

詳しくはこちら。

2017.09.01

【内科】検診結果について

市民検診や職場の定期検診で指摘された異常を放置していませんか?
異常があるのに精密検査や必要に応じた治療を受けないで放置していては検査を受けた意味がありません。
異常を放置した結果、病気が進行したり、治療が遅れたりと、健康において不利益なことが増えてしまう可能性があります。
検診で異常を指摘されたら面倒くさがらずに、検査結果を持って、検査の再検、あるいは精密検査について是非ご相談下さい。

Tel.075-431-5730 初診 24時間WEB予約 胃・大腸カメラ 24時間WEB予約 Tポイントが貯まる人間ドック 24時間WEB予約
一番上に戻る